クリニック紹介

当院の特徴

心と身体のつながりを大切にし、自然治癒力を高め、根本から治す治療を目指します「悪化せずに早く良くなってほしい」

自然治癒力を高め、根本から治す治療を目指します「悪化せずに早く良くなってほしい」

子どもが体調を崩したとき、不安になったことはありませんか?西洋医学は今ある症状を緩和することは得意ですが、病気になってしまった生活習慣や心の状態を見直していかないと病気をくり返してしまう可能性があります。
東洋医学を元にした“心と身体のつながり”という視点からも未病につなげていくアドバイスをお伝えします。自然治癒力を高めていくことを重視して、元気な子どもたちを増やしていきたいと考えています。

お母さんの心のサポートを大切にしています

お母さんの心のサポートを大切にしています

心と身体は繋がっているものです。身体に現れる不調には、心の状態が関係していることが考えられるので、当院では特に、子供に関わるお母さんの心を大切にする診療を行っています。
お母さんが笑顔で向き合ってくれる時、子供は安心して過ごしていけます。免疫力も活性化され、身体も健康になっていきます。お子さんが体調を崩してしまった時は、何を変えていくと元気になっていけるか一緒に振り返っていきましょう。仕事やパートナーシップなど、どんなお悩みでも軽くなっていけるようサポートいたします。

薬を使わない生活を送るためのアドバイスをしています

薬を使わない生活を送るためのアドバイスをしています

西洋医学では、薬で症状を和らげていくことがメインとなります。けれども生活習慣を変えたり、お子さんの心を安定させていくようなメンタルケアで免疫が活性化され、健康な身体になっていけます。
薬は、どうしても必要な場合もありますが、状況によっては減らしたり、使わない生活を送ったりすることも可能になります。
「できるだけ子どもに薬を飲ませたくない」「今のまま使い続けさせるのは不安」など、疑問や不安をお持ちの方は、薬の相談も受け付けておりますので、お気軽にご来院ください。

院長紹介

ご挨拶

ご挨拶

こんにちは。クローバーこどもクリニック院長の眞々田です。蔵前で生まれ育ち、この地で現在子育てを行っているママドクターです。

これまで、新生児科や小児科で一般小児、特にアレルギー疾患や母乳育児を専門分野として経験を積み重ねてきました。その中で、心と身体は密接に繋がっていると感じるようになりました。そこで、これからは子どもたちが元気でいられるために身体だけではなく、心のケアにおいても力を注いでいきたいと考え、クローバーこどもクリニックを開院しました。

当院では、単に現れている病気を診るだけでなく、心と身体を含めた、その人全体を診ていくホリスティック医学を基本としています。
私自身も出産後に忙しく働く中で知らず知らずのうちに無理をして、子どもが体調を崩してしまうという苦い経験をしました。私はそのときに心の整え方を学んだのですが、私自身心のゆとりができてきた時、子どもとの関わりが変化して子どもの症状が明らかに改善したのです。
母親の心の状態は子どもに影響すると体験したからこそ、医師として、同じ女性として、子育てに頑張るお母さんたちに、心のゆとりの大切さを伝えていきたいと考えています。

西洋医学は出ている症状を抑える治療がメインです。もちろんそれも大切なことですが、いかにして子どもの自然治癒力を引き出していくか、健康維持をサポートしていけるかということに、当院では力を入れていきたいと思っています。

子育てと仕事の両立や夫婦間での方針の違い、ワンオペ育児などは、多くのお母さんが抱える悩みです。お母さんの心が曇っている時はどうしても子どもと向き合うことに集中できなくなります。辛いときはひとりで抱え込まず、相談してください。

子どもを根本から健康にしていくことを考えた診療を行っているので、薬を減らしていきたいという方も、是非相談にお越しください。

現在は、こうした薬に頼らない自然治癒力を高める診療を求めて、遠方から通ってくださる方もいらっしゃいます。子どもたちの笑顔がますます輝くよう、ご家族の心にも寄り添う医療を提供していきますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

略歴

  • 2001年:信州大学医学部卒業
  • 2001年~2002年:信州大学医学部附属病院小児科 研修
  • 2002年~2003年:市立甲府病院 小児科
  • 2003年~2009年:帝京大学医学部附属溝口病院 小児科 助手
  • 2009年~2015年:賛育会病院 小児科・新生児科 医長
  • 2015年~:クローバーこどもクリニック 院長

所属・資格など

  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医
  • 日本ホメオパシー医学会 認定医
  • エピペン®処方登録医
  • NPO日本ホリスティック医学協会会員
  • こどもの心相談医

当院の理念

当院の理念

当院では、子どもの心と身体の健康は、お母さんの心と深く関係していると考えています。お母さんは子どもにとって一番身近な存在であり、子どもはお母さんから大きな影響を受けています。お母さんが疲れていたり落ち込んだりしていると、子どももお母さんを心配して緊張した状態になり、免疫力が下がって風邪などをひきやすくなるのです。
当院では、子どもの健康との繋がりを考え、お母さんを含む家族の気持ちを整えることを大切にしています。単に出ている症状を診るだけでなく、子育ての不安や家族関係の悩みにも寄り添い、良いバランスを保っていけるようサポートする診療を心掛けています。
子どもの体調不良には、何らかのきっかけがあるものです。生活習慣やお母さんやご家族の状況など振り返りながら、今後の対策を皆さんと一緒に立てていければと考えています。そうすれば、再発を防ぐことができると思うのです。

お母さんや子どもの健康を維持し、良好な家族関係を築くために、心を整えることは欠かせないと考えるからこそ、お母さんたちの気持ちを大切にする診療を行っていくことを理念に掲げています。
通ってくださる方々からも、「ここに来ると自分を振り返ることができる」「話せて良かった。次に繋げることができる」「子どもの体調不良のときに立ちどまる癖がついた」というお声をいただいております。

お母さんも子どもも、いつも100%の状態でいることは難しいかもしれません。それでも、少し調子が悪くなったときに、生活を振り返って自分自身で気付き、改善していくことができる。そんなお母さんを増やしていければと思っています。
クローバーこどもクリニックは、頑張るお母さん方に寄り添う診療を行っていきますので、育児や家族のことで不安や悩みのある方は、お気軽にご相談ください。

お悩みがありましたら
お気軽にご相談ください

TOP